こんにちは。

開運整体院です。

今日は、椎間板ヘルニアの40代男性の方の症例をご紹介します。

 

l_118

 

4年程前から左足の痺れと腰部の痛みが出始め、すぐに病院を受診し椎間板ヘルニアと診断。その後、、何回か治療院や整体の施術を受けたが改善は見られず、整形外科の先生からも「痛みが取れるまで待つしかない」と言われあきらめていたそうです。

早速、問診・評価を行いました。

原因は、首の付け根、殿部(お尻の筋肉)ふくらはぎ、腹部でした。

まずは内臓調整後、各部位へアプローチ。痛み・痺れはほぼ無くなりましたが、痺れだけが少し残っていたので、腹部を調整。

痛み、痺れはゼロに。

どんどん痛み、痺れが無くなっていくのでご本人も驚かれていました。

しかし、4年前から長期間身体のバランスを崩していて痛みと痺れが残ったまま放置してきた、典型的な慢性腰痛。1度の施術では痛みが必ずと言っていいほど戻ってしまいます。人の身体は少しづつしか変化していかないのでどうしても時間がかかってしまいます。この患者様には痛みと痺れを取るために、しっかり通っていただくようにお話しし、次回のお約束をしてお帰りになりました。

このように、長期間痛みや痺れを患っていても、改善の糸口はあるはずです!

慢性的な痛み、痺れでお困りの方は、開運整体院にお電話を。