慢性の首の痛みで来院された50代男性の方の症例をご紹介します。

6か月前、後ろから追突され、その後放置していたらなかなか首の痛みが取れないとのことで、来院されました。kansetsutsuu_kubi

首の右側に鈍痛と顎関節に痛みでるそうなので、検査、評価してみました。左右、前後に首を動かすと首の右側に痛みがあり、右奥歯を噛みしめると顎関節に違和感がありました。原因は、肩甲骨周囲、大胸筋・小胸筋、小円筋、胸鎖乳突筋、顎二腹筋などでした。

今回は、スポーツマッサージで何とかしてほしいとのご要望だったので、身体全体の筋肉を調整しながら、特に原因となっている場所へしっかりとアプローチしていきました。

施術後は、首の痛みが10→1へと改善され、顎関節の痛みも10→2へと変わり、笑顔でお帰りになりました。

しかし、一時的に痛みが楽になっても、継続して施術を受けていかないと、人間の身体は痛みの出る状態にすぐに戻ってしまいます。特に今回のような慢性首痛の場合や、慢性的な痛みは・・・。

なので、今後も継続して一緒に頑張って痛みを無くしてゆきましょう!